2014
04.21

スイセンベンジョムシ

こんにちは。
寒暖差が凄いですね。
早速ですがスイセンベンジョムシのオスとメスを作りました。
ベンジョムシではありません。
スイセンベンジョムシです。
怠惰なフンコロガシが、フンを転がす事を放棄した結果、奇跡的に進化を遂げた新種です。
名前もンとシしか入ってません。

【生態】
主に水洗便所型の殻を身に纏い生活をしている。
昆虫のフンを好む為、殻に身を潜めて水洗便所に成りすまし、「あ、こんな所にトイレがある。」と、誤って用を足されたそのフンを食して生きる、とてもエコな昆虫である。
自ら餌場を歩いて確保する為、競争は少ない事が観察されている。
成虫になると、フンを体内に取り入れる際に「シューー~……ジュゴッッ」と、航空機や新幹線等に設置されている水洗便所さながらの音を出すため、発見は比較的容易である。
成虫の寿命は2年程で、気温が下がると吸引力が鈍る為、11月下旬辺りから、フンを溜め込み蓋をして越冬する。

体長 : 15~30mm








トラックバックURL
http://paperinsect-k-saito.jp/tb.php/3-1a90a95a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top